top of page

マイパーパス(ストーリー)と組織のパーパスを一致させる(パート3)

「マイパーパス(ストーリー)」を策定したら、今度は、あなたが働いている組織(または学生やボランティアとして関わっている組織)が、あなたの目的を実現するための手段をどのように提供できるかを考えてみましょう。


個人と組織の関係


個人と組織の関係
個人と組織の関係

まず、個人と組織の関係について考えてみよう。


「誰が誰のために働くのか? 」


伝統的な考え方では、個人は組織のために労働し、その時間と労力に対して対価が支払われます。 企業が一定の価値観(values)や、ミッション・ステートメント(mission)、また、将来のビジョン(vision)を持っている場合、従業員はその期待を理解することが求められます。


これは重要な第一歩で、「マイパーパス」を自分が所属する組織と一致させることは、単に企業の指示に従うこと以上に重要です。 「マイパーパス」に焦点を当てることで、組織が自分にとってどのように機能するかを考えることができるのです。


いったん、自分の「マイパーパス」を脇に置き、組織に注意を向けてください。組織の使命(mission)、ビジョン(vision)、価値観(values)、または組織の存在そのものに関連する他の要素を理解するのに役立つ情報を見直す時間を取ってください。



組織のどこを評価しているかを明らかにする


情報を客観的に理解したら、次にこの質問について考えてみてください。


「この組織について何を評価していますか?」

 自分はこの組織のどこを評価しているのだろうか?」


もともと自分がこの組織に惹かれた理由を思い出してください。たとえ日々の業務が単調かつ退屈なものであったとしても、その組織の志のどこを評価できるだろうか? この組織は、その製品、サービス、そして存在そのものを通じて、どのようにステークホルダーに貢献していますか?



自分の「マイパーパス」という比喩的なレンズを通して組織を見る


「マイパーパス」という比喩的なレンズ
「マイパーパス」という比喩的なレンズ「マイパーパス」という比喩的なレンズ

組織の理念の中に、評価できる点をいくつか見つけたら、あなたの「マイパーパス」に戻りましょう。 あなた自身の「マイパーパス」という比喩的なメガネのレンズを通して、次の質問を考えてみてください。


「自分のマイパーパスと組織の存在意義のどこに重なる部分があるだろうか?」


何を発見しましたか?


あなたのマイパーパスの中のインパクト・ステートメントは、どのような点で組織のパーパスと一致していますか?この一致は、組織の活動を通じて自分の人生で貢献したいことを具現化するのに、どのような形で支えていますか?


組織のリソース(財政的、物理的、社会的など)は、組織の目標を支援すると同時に、あなたのマイパーパスと共鳴する行動を起こすための基盤を、どのように提供してくれていますか? 言い換えれば、この組織に所属することで、あなたのマイパーパスにある志向を拡大する手段を、どのように提供してくれますか?


もし重なる部分がなかったら?


この時点で、あなたは自分の「マイパーパス」と組織との間に明確な重なりを見出していることでしょう。 企業内のリーダーと仕事をしていて、「重なる部分がない」と断言する人にはいまだ出会ったことがありません。 しかし、このように自分を省みても、あなたの「マイパーパス」をひらめく源泉が見つからない場合はどうすればいいのでしょうか?


この場合、次の質問を考えてみてください。


【時間とエネルギー】この組織のために費やす時間は、マイパーパスに沿った活動を追求するために使える時間とエネルギーを、どのくらい減少させているのだろうか?


【財務】この組織から受け取る報酬は、マイパーパスに沿った活動を追求するための手段を、どのように私に提供しているか?もしくは、提供されているのか?




リーダーとしてのアカウンタビリティ(責任)を果たす


さて、この自己発見の探究の最後のステップを考えてみよう。 あなたのマイパーパスと組織のパーパスの重なりを確認したところで、こう考えてみてください。


この組織の中で、リーダーとしての私のアカウンタビリティ(責任)は何でしょうか?


アカウンタビリティ(責任)とは、現在の仕事に対する責任感と、今後の影響力を高めるための意欲を指します。 影響力を高めることで、あなたの影響力の範囲を広げ、それによってマイパーパスの実現を高めることができるのです。


この質問に対するあなたの答えは、組織の構造内でのあなたの願望についていくつかの側面を示す可能性がありますか?あるいは、社内外のステークホルダーとの関係をどのように改善または発展させたいと考えていますか

現在、そして将来にわたって、あなたがこの組織に所属し続ける本質的な理由は何だと言えますか?



おわりに


イメージ図:夕日に向かって歩くビジネスマン
「どうすれば自分の人生に意味をもたらすことができるのか?」と考える自由

私たちはVUCAの世界に生きていると言われています。 2024年以降も、進行中の戦争や気候変動による脅威が、私たちは、食料、住居、安全という基本的なニーズに対して、進行中の戦争や気候変動による脅威を無視することはできません。 しかし同時に、私たちはワーク・ライフ・バランスといった概念がワーク・ライフ・インテグレーション(仕事と生活の統合)に取って代わるような、非常に豊かな時代に生きています。 このような時代において、私たちには自由に、時折瞑想的なひとときを過ごして、「どうすれば自分の人生に意味をもたらすことができるのか?」という永遠の問いについて考えることができるのです。


ここに記したマイパーパスを作るプロセスが、この質問に対するあなたの答えを明確にするためのインスピレーションを与えてくれることを願っています。 ご意見やご質問をお聞かせください。


そして、もし自省をさらに深め、理解を深め、行動を進めることに興味がある場合は、「マイパーパス」を次回のコーチングセッションのテーマとしてもいいかもしれません。


 

筆者:ブライアン・シャーマン  執筆日:2024年1月4日

当記事は、2024年1月4日に英語で公開された「Aligning your MY PURPOSE STATEMENT (STORY) with your organization(Part 3)」の日本語版です。


30 views0 comments

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page