top of page

マイパーパス (ストーリー) を策定する(パート2)

パート1では、「マイパーパス」作成プロセスの最初のステップについて説明しました。 あなたのWANT、MUST、CANを見つかりましたか?


筆者のWANTS・MUSTS・CAN


国境を越えたコミュニケーション、コラボレーション、シナジーを強化する
国境を越えたコミュニケーション、コラボレーション、シナジーを強化する

「~私を押さえつける弦はない」と歌いながら、小学生の頃、私は恐れることなく、何の心配もなくステージを踊りながらミュージカルのソロを踊っていました。 ピノキオになったこの経験は、私を嘘つきにしたわけではありませんが、年齢に関係なく子供のような屈託のない気持ちを持ち続けたいという私の願い(WANTS)に気づかせてくれました。


13歳のとき、交換留学で初めて日本に来たとき、私は文化や環境の違いというよりも、アメリカから来た交換留学生と日本の交換留学生が一緒に笑い、泣き、共有する共通の人間性に興味を持ちました。 この経験から、私は人々のグループが認識している違いを乗り越え、共通点を認識できるようサポートすることが私のMUSTだと感じています。


私のCANは、コミュニケーションを促進し、より良い関係を生み出すために、バーチャルとフィジカルの両方のステージに立ち続けることだと認識しています。


つまり、私の「マイパーパス」は、多様な人々のコミュニケーション、コラボレーション、シナジーを高めるための潤滑油のような存在になることなのです。



マイパーパス(ストーリー)を作る


マイパーパスを作る
マイパーパスを作る

あなたの「マイパーパス」は何ですか?


あなたの「マイパーパス」(ストーリー)」を作ることは、WANT、MUST、CANを書き出したノートを見直し、「あなたのマイパーパスは何ですか?」という質問に答え、共通するテーマやアイデアを引き出すことから始まります。

それに対して、あなたはこう言うかもしれない。


「そうですね、私はXYZを楽しむタイプだとわかっています。」


または、


「私はABCに情熱を持っている」


「だから、私のマイパーパスは〇〇であることに気づきました。」


次に、「to bring(もたらす)」、「to create(作成する)」、「to inspire(インスピレーションを与える)」などの響く動詞で空欄を埋めます。


あるいは、あなたのMY PURPOSEを比喩的に表現してもよい。


「マイパーパスは、雄大に空を舞う鷲のようになることです。」


「人生の投球を思い通りに打てるように毎日バットを振りながら、全力でスタンドを目指します。」


創造的であれ。 すぐには理解できなくても、他人の興味をそそるような言葉やアイデアのユニークな組み合わせを目ざしましょう。 他の人がもっと聞きたくなるようなことを言おう。



あなたらしい何かを説明する


私らしい何かってなに?
私らしい何かってなに?

次に、WANTS・MUST・CANの自己発見を通して、あなたが体験した、 FORMIDABLE EXPERIENCES(原体験)をいくつかを説明することで、あなたのマイパーパスにもう少し背景を与えてください。


「これはマイパーパスです。なぜなら、私が人生で望んでいることは○○であるとわかっているからです。」


とあなたは言うかもしれません。


あるいは、「若い頃、私はDEFに通っていた。」


「高校時代はXYZだった。」


「GHIを経験したからこそ、XYZができることを知った。 」


過去の経験が今のあなたを形成していることを他の人に伝えることで、あなたの「マイパーパス」に深みを与えてください。



あなたが与えたい影響は何か


私が社会や人に与えたいインパクト
私が社会や人に与えたいインパクト

ここまでのところ、あなたの「マイパーパス」(ストーリー)は、あなたの現在と過去に根ざしています。 あなたの「マイパーパス」が、これから進むべき正しい方向を指し示す羅針盤とするためには、この「マイパーパス」でもって、あなたが他者に与えたいインパクトを考える必要があります。


あなたが与えたいインパクトとは何ですか?


インパクトとは、私がここにいたことを他の人に知ってもらうことです。 インパクトとは、あなたの存在を認識させるもです。 パーパスは、何らかのIMPACT STATEMENT(インパクト・ステートメント)なしには完成しません。


「したがって、私が持ちたいインパクトは...」


あるいは、


「私が世界に残したい足跡は...」


と続くのです。


IMPACT STATEMENT(インパクト・ステートメント)は、あなたの存在感と、これからあなたが取ることのできる行動を結びつけるものです。


まとめると、あなたの「マイパーパス」には次のような要素があります。


  1. 私の目的の表明

  2. 「マイパーパス」を想起させるきっかけとなったFORMIDABLE EXPERIENCES(原体験)

  3. インパクト・ステートメント



マイパーパス(ストーリー)をさらに発展させるコーチング


マイパーパスを強化するコーチングとは?
マイパーパスを強化するコーチングとは?

私が個人やグループと一緒にマイパーパスの感覚を養う場合、まず一般的なオリエンテーション・セッションを行い、その中で自分のWANTs(望むこと)、MUSTs(しなければならないこと)、CANs(できること)について内省する準備作業を行います。


そして、参加者にマイパーパス(ストーリー)の初稿を書いてもらいます。そして、参加者の自己理解を深め、マイパーパスを豊かにするためのコーチング・セッションを行います。


コーチング・セッションは、マイパーパスを作るプロセスにおいて重要な役割を果たします。


グループで実施する場合、グループのメンバーは互いにフィードバックし、仲間から聞いた話の中で興味深かったことや感動したことを述べます。 また、コーチングを受けた参加者に、もっと明確に、もっと深く説明してほしいことを伝えます。


私はコーチとして、表層的な思考を打破し、その人の「パーパス」の本質を深く掘り下げる質問をします。 もっと大胆に考え、マイパーパスを「ボリュームアップ」させ、さらに意味のあるインパクトを与えるにはどうしたらいいか想像するように促すのです。


何よりも、コーチとして私は励ますが、批判はしません。 私はアイデアを共有するための快適な空間を作り、参加者に自分たちの「マイパーパス」には限界がないことを認識してもらうのです。



ここまででいったん立ち止まってもいいし、さらに進んで「マイパーパス」を、あなたが活動している組織の目標、使命、目的に結び付けることもできます。


パート 3 では、「マイパーパス」と組織のパーパスを重ね合わせる方法について説明します。


 

筆者:ブライアン・シャーマン  執筆日:2024年1月2日

当記事は、2024年1月2日に英語で公開された「Formulating your MY PURPOSE STATEMENT (STORY) (Part 2)」の日本語版です。


次回「マイパーパス(ストーリー)と組織のパーパスを一致させる(パート3)」をお楽しみに。

8 views0 comments

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page